専業主婦が銀行借り換えローンを利用する場合の金利について

専業主婦でも「配偶者貸付」という制度を活用することで、総量規制対象外のカードローンやキャッシングを利用することが出来ます。配偶者の収入や債務状況などによっても変わってきますが、複数社から数百万円の借入をすることも可能です。しかし、自分で収入を得ている状況ではないことなどの理由から返済が難しい状況に陥ってしまうということも考えられます。そんな時には「銀行借り換えローン」を利用することで返済の負担を減らし、家計の状況を改善しながら健全な返済を目指していくという方法が効果的です。

銀行借り換えローンを利用した場合のメリットは、単純に返済の負担が減らせる可能性があるということなのですが、その大きな理由となるのが「金利が低くなる」ということです。金利が低くなれば月々の返済時に必要になる利息額を抑えることが出来、同じ金額を返済していたとしても元金充当分が増やせるので結果として完済までの期間を短くすることが出来ます。また、金利が下がることによって利息が減れば月々の返済金額を減らしてもそれまで同様のペースで返済を行うことが出来るため、家計が大変な時には返済を減らしつつ、余裕が出てきたら金利が下がる以前の金額もしくはそれ以上の金額を返済するということも可能になります。

専業主婦が銀行借り換えローンを利用する場合の限度額について

基本的にはそれまでに利用していた消費者金融やクレジットカードを利用したキャッシング・カードローンと限度額自体は変わらないと考えることが出来ます。銀行借り換えローンは、「借入をまとめて一本化する」という点に大きな特徴があります。借入金額が少なければ良いのですが、すでに百万円を超える借入がある場合などはすぐに全額を借り換えできないという可能性もあります。

総量規制対象外ということで具体的な借入限度額自体は制限されていないものの、それまでの返済状況が遅延や延滞が多いという状況であった場合には50万円限度額の契約を締結し、数か月程度の返済状況を見てから増額が行われるということもあります。また、状況によっては銀行借り換えローン自体の契約が出来ないという可能性もあるため、最初から過度な期待を持たないことも大切です。

一般的なキャッシングやカードローンを利用する場合の限度額についても、初回契約時はおおむね50万円以下となる場合が多いことと同様に、銀行借り換えローンについても同様の限度額とし、状況によって限度額の増額を検討するという契約になった場合、一見すると状況はあまり改善されないようにも思えますが金利自体を下げることが出来ればそれだけでも十分な意味があります。

専業主婦が銀行借り換えローンを利用するメリット

先に紹介した通り、銀行借り換えローンを申し込んだとしても一気に他の借入を完済できない可能性はあります。しかし、銀行借り換えローンの多くは金利を10%程度の低金利に設定しているものも多いため、単純に借り換えできた部分に関しての返済の負担は軽減することが出来ます。早ければ1か月程度で限度額の増額がある場合も少なくありませんし、最終的には全額に対応できる限度額まで増額してもらえる期待も高くなります。その為には健全な利用が重要なポイントとなるため、例え厳しい状況になってしまっていたとしても何とかその契約に関してはしっかりと完済していくようにしてください。

最終的に全額の借り換えが実現すれば、それまでよりも格段に返済の負担を減らすことが出来る可能性は高く、また同様の負担で返済を継続していけば完済までの期間を大幅に短縮することが出来るといったことも期待が持てるため、少しでも返済の負担が重く感じるようになったのであればなるべく早い段階で銀行借り換えローンの利用を検討すると良いでしょう。早い段階で利用できればその分増額までも期間を早めることが出来るため、より一層完済までのリスクを減らすことに期待できます。

専業主婦が銀行借り換えローンを利用する際の注意点

まず、根本的に強く意識する必要があるのが「配偶者の信用でお金を借りている」ということです。契約しているのは専業主婦である申込者本人かも知れませんが、実質的には配偶者がお金を借りていることと状況は同じです。特に内緒でキャッシングやカードローンを利用しているという場合には、万が一返済が出来なくなってしまった場合に大きなリスクを負うのは配偶者です。自分の知らないところで信用情報に傷がつくということは夫婦間の信頼関係にも悪影響を及ぼす可能性が非常に高いため、常にリスクを減らすことを意識することが必要です。

また、どうしても返済が難しくなって来たら早い段階で配偶者や専門家に相談するということも大切です。銀行借り換えローンを利用する方法は確かに効果の高いものですが、根本的な解決を図るためには強い意志も必要になります。その判断が状況の悪化を招く危険性があるというものであった場合、最終的には債務整理などを視野に入れなければならなくなる可能性もあるため、より効果の高い方法を総合的に検討するようにしてください。

また、銀行借り換えローンを利用する場合に関しても、金利や限度額といった部分はもちろんのこと、自分が利用出来るのかどうかといった点もしっかりと検討することが大切です。